美的ヌーボのビタミンAの配合量は危険?

美的ヌーボとビタミンA

妊活中・妊娠中(とくに初期)の女性にとって、葉酸サプリを摂る上でもっとも大きな関心事といえば、赤ちゃんに悪い影響を与えないかどうかということですよね。

特に脂溶性ビタミンEやビタミンAの過剰摂取による胎児の奇形などの問題は、近年ではよく知られていることでもあり、サプリの表示をよくチェックしてから購入する方が増えています。

そんな中で、美的ヌーボには妊娠中にはあまり摂らない方が良いとされているビタミンAが「625㎍」含まれていることに対して不安を覚えている方もいるようです。

この美的ヌーボのビタミンA配合量は、本当に危険なものなのでしょうか?調べてみました。

ビタミンAの種類と役割

「ビタミンA」と一口に言っても、じつは大きくわけて2種類あることをご存知でしょうか?

ひとつはニンジンなどのお野菜に含まれる、おなじみの「ベータカロテン」、もうひとつが、妊娠中の過剰摂取が胎児の奇形の原因となるといわれる脂溶性のビタミンAで、うなぎやレバーなどに大量に含まれるビタミンAです。

摂取することで皮膚や粘膜を強化したり活性酸素を除去、免疫を高める効果が期待できます。

ちなみにいずれのビタミンAであっても、妊娠中はまったく摂ってはいけないということではありません。むしろ不足すると肌が乾燥したり免疫が弱まったり、胎児への悪影響といった症状がでるため、必要量の摂取はマストです。

よくビタミンAが不足すると夜目が利かなくなると言われるとおり、視力を司るビタミンでもありますから、きちんと摂らなくてはならないことは覚えておきましょう。

美的ヌーボのビタミンA配合は問題か

美的ヌーボは妊婦が飲み続けても大丈夫です

さて、美的ヌーボに含まれるビタミンAについてですが、結論から言うと、妊娠中の摂取でもまったく気にする必要はありません。

ホームページの表記を見るとわかるのですが、美的ヌーボに配合されているビタミンAは「ベータカロテンから」とはっきり書かれてある通り、胎児に危険を及ぼす種類のものではありません。

ベータカロテンのビタミンAというのは、体内で不足したときのみビタミンAに姿を変えるという性質を持っているため、過剰になってしまうということがありません。

体がきちんと必要量のみをビタミンAとして吸収するよう調整してくれていますので、美的ヌーボのようにビタミンAの配合がベータカロテンからである限りは、大丈夫です。

妊婦さんが気を付けるべきは、先述したウナギやレバーから摂れる動物性の脂溶性ビタミンAだけですから、そこだけは摂りすぎに注意しましょう。